貸切パーティーイベントを主催して副業化しよう

そもそもパーティーイベント事業とは何か

パーティーイベント事業とは簡単にいえば、イベントを自ら主催し、飲食店等を貸し切り、集客し、その対価として報酬を得る仕事のことです。高度なスキルは不要で、人を集めることさえできれば成立するので、副業としても人気があります。パーティーといっても店の大きさやコンセプト、料金の設定、集める人の数や男女比、職種や年代等、全てを自分達で決めることが出来るので、シンプルでありながら自由度が高く、自分達が楽しめる娯楽要素が多いことが特徴です。

パーティーイベント事業成功のカギは集客にあり

では実際にイベントを主催し、実現する為には何をすべきかといえば、まずはお店や家等のイベントをする場所の確保です。お店の場合は基本的に特別感を出す為に貸切ることを目標とします。なのでコンセプトにあったお店を見つけ、連絡をし、設定した日時に貸切ることは可能か、お酒や食べ物の有無や内容、料金等の交渉をします。ここでパーティーイベント事業の最大の問題に直面することになります。貸し切りの際、多くの飲食店は最低保証金額を設定しています。これは、貸切るのであれば最低この金額は頂きますよ、ということです。例えば、最低保証金額が3万円であれば、3000円で料金設定をした場合、確実に10人は集客する必要があるということです。この10人より少ない人数しか集まらなければ、事業としては赤字となり、最低保証金額に満たなかった分を自腹で払う必要が出てきます。そうならない為に、男女で料金に差をつけたり、余裕を持って集客を行ったり、コンセプトや規模を練り直したりする必要があります。逆に集客さえできれば日時設定と場所を借りるだけで成立してしまいます。

パーティーイベント事業は主催側も参加者も楽しい

ここまでパーティーイベント事業とは何か。そして集客こそが成功のカギだと書いてきましたが、パーティーイベント事業は主催者側も参加者も皆が楽しくなれる素敵な仕事です。副業として企画するにしても、誰もが楽しめるWINWIN(相互にメリットがある)仕事であると思えることは実現に向けて動くにあたり大きな原動力になることでしょう。また高度なスキルを必要としないシンプルな仕事でありながら、コンセプトや集客について考えたり、協力してくれる仲間を集めてみたりと、ほとんどリスクを負わずに経営者のようにビジネスについて考えられるというのも貴重な経験で学びも多いことでしょう。新しい刺激が欲しくて、皆を笑顔にすることが好きで、収入も増やしたいのであれば、ぜひチャレンジしてみましょう。

福岡のイベントスペースは多人数まで収容する事が出来るようなスペースとなっていますので、現在では人気があります。