最近はやりの家族婚、あたたかな結婚式になるってほんと?

家族だけで挙げるという魅力

家族婚とは、新郎新婦の両親や兄弟姉妹、祖父母といったごく近しい間柄の親族だけを招いて行う結婚式のことを示します。結婚式と言えば友達や会社の関係者、恩師などを招いて盛大にやるものだった時代から変化し、小規模でアットホームな式を選択する人も増えました。大規模な結婚式は、おめでたいイベントであるということ以外にも「互いの友人知人に対して、結婚した相手を紹介する」という意味合いもあったので、それはそれで大切なことでした。しかし、会社などで家族ぐるみの付き合いをするケースも減っており、お祝いして欲しいと思う人だけを招くという家族婚は高い人気を得ています。

あたたかな式にしやすい理由とは

結婚式の披露宴では、催し物などの演出を行って盛り上げることが一般的です。しかし家族婚の場合は極少人数のため、そういった演出などはせず、食事をしつつ会話を楽しむ時間が長くとれます。催しが含まれると列席者たちが楽しめる反面、出演する側の人たちは落ち着いて食事を取ることが難しくなってしまうというデメリットがあります。華やかにはなりますが、慌ただしくて「あたたかな式」とは言い難くなってしまうことでしょう。純粋に新郎新婦を祝福し、新たに家庭を築く二人との会話を楽しむシーンこそが、家族婚の最大の魅力と言えるでしょう。

引き出物などは両家と新郎新婦の気持ち次第で

しかし、家族婚にすると引き出物といった、通常の結婚式で準備すべきものの扱いに戸惑うことがあります。「折角、家族だけの小さな式にするのに、引き出物っているの?」という疑問が生じるためです。その答えとしては、「新郎新婦や両家の意向で自由に決めて良い」ということになります。家族婚はお招きする上司や恩師といった目上の方がいないので、マナーなどに神経質になる必要はありません。「引き出物を貰うと堅苦しくなるから」と判断して無くすこともあれば、「結婚式という場に招く上ではお渡ししよう」と考えることもできるので、最終的な判断はそれぞれ結婚式をとりおこなう両家において、納得できる形になるよう判断することをおすすめします。

家族婚とは、職場の上司や遠縁の親戚等は呼ばず、家族や近しい親戚・気心の知れた友人など、本当に来て欲しい人だけを呼んだ少人数で挙げる結婚式です。