結婚式の費用は余裕もって考える

結婚式にかかる費用とは

結婚式とはおめでたいものですが、実際に式を挙げるとなると気になるのは費用の事です。最近では結婚式の費用も二極化しており、いわゆる地味婚と呼ばれる節約型の結婚式に比べ対極にあるのが派手婚ですが、普通に結婚式を挙げるだけで派手婚をしているつもりはなくても想像以上の費用がかかってしまいます。これは昔に比べて式場の料理やドレスなどの基本的な部分が豪華になってきている事にも関係しているようです。また、演出に関しても様々な工夫されたものがあるので費用がかさんでしまうとも言えます。

見えない部分にかかる費用

またそれに加えて、結婚式の費用としては実際に式を挙げてみないと分からない見えない部分での出費も多くあります。例えば遠方から参列してくれた親族や友人に対するお車代や宿泊費、スピーチをお願いした方に対するお心付けなど式を挙げる事に付随してかかってくるお金は想像以上に多いのです。この為、結婚式の費用の予算はかなり余裕をもって計算しておく事をおすすめします。よくご祝儀で賄うなどといった結婚式のあげかたもあるようですが、かなりリスクが高いものだと言えると思います。

最終的な結婚式の費用の金額

そしてやはり結婚式には当日まで何が起きるかは分かりません。前日迄に確定している金額は予定されている費用であってあくまでも予定でしかありません。実際に式が終わって全ての結婚式の費用が確定するまではハッキリとした金額は出てこないと思っておくのが大切です。そしてご祝儀をどれくらい頂けるのかと言うのも全てが終わるまでは分からないのです。そういった意味でも、全てが終わった後にお金が足りなくなり慌てるような事がないように身の丈にあった準備をする事をおすすめします。

結婚式の費用は、こだわろうと思ったら、上限なくどんどん膨らんでしまいます。抑えられるところは抑えて、こだわりたいところに費用をかけるメリハリが大事です。